【2020年度特別大会】FINAL vs岩手大学

特別大会FINAL 東北大学 vs 岩手大学

2020/11/1(土) 10:50 FO@若林日辺グラウンド

【得点】

1Q:3-1

2Q:0-3

3Q:2-0

4Q:1-2

Sudden victory 1-0

TOTAL:7-6

〈得点者〉

#1 竹岡拓人 1点

#45 小山大輔 6点


【試合内容】

〈1Q〉

 試合開始、序盤から東北ポゼッションの場面で慎重にゴールを狙います。東北6on6の場面でトップの#13大作がゴール前の#45小山にパス。そのままニアでショット成功。1点を先制し、東北オフェンス攻撃の波に乗り始めます。


 FOは2年生の#51飛田、安定した勝利でボールを前に運び、果敢にゴールを狙います。

 相手のクリア、#14荒木が力強いプッシュによりボールダウンさせ、グラボをG#5針生がすくうナイスプレー。

 しかし東北のオフサイドにより相手ボール。東北DFが崩れた不意を突かれ、岩手に1点返されます。1-1のevenです。

 悪い流れを断ち切るように“#2佐藤がFO勝ち。再び東北のオフェンス、#84東谷や#24渡会が果敢にゴールを狙います。

 相手ポゼッションになりますが、#3佐野のボールダウンにより東北ボール。そのままハーフ付近からゴール前#45小山大輔へロンパし、そのままスタンシュー。東北2点目を取り返します。

 FO後からは岩手ポゼッションになりますが、#32後藤のボールダウンから#19中村、#34今村、そして#45小山がFFOを制し、東北3点目です。

 その後岩手オフェンスの場面も#5針生のナイスセーブにより持ちこたえ、攻守激しかった1Qが終了です。


<2Q>

 点差を守り切りたい第2Q。しかし開始2分で相手のナイスコースショットで点を許してしまいます。

 気を取り直してFOはブレイクで東北ボール。#24渡会や#13大作、#6川合がゴールを責めるも、なかなか点は決まりません。

 東北マンダウンDFでは、ボールダウンを狙いますが、相手は落ち着いたOFからカムが決まってしまいます。さらに相手のOFは続き、相手ロングの右上からのスタンシューにより第2Q3点目の失点で、相手のリードを許してしまいます。

 DF時間が長かった第2Q、#19中村や#14荒木による粘り強いDFも見られましたが、相手のOFの波を止められずここで終了です。


<3Q>

 相手の勢いを抑えたい第3Q。相手の攻撃が始まるも、#5針生のナイスセーブによりゴールを阻みます。TTO明け、DFサイドの#45小山が一人でランクリアからそのままショット、右上からのランシューを成功させます。東北同点に追いつきました。

その後相手のOFに責められますが、#18柳川のナイスグラボでG不在の危機的状況を回避します。

 しばらくお互いにクリアライドの攻防が続きます。

 そしてチームタイムアウト明け、残り2分、#45小山からパスを受け、ゴール前の#1竹岡が華麗なジャンシューで東北がリードします。東北優勢な状況で3Q終了です。


<4Q>

 スコアは5-4、このまま逃げ切りたい第4Q。

 開始直後に#19中村、#14荒木、そして#45小山の三高トリオ、華麗なパス回しから、小山がクリース前でショット成功です。

 DFでは2年生の#12安達や#64片山の活躍が見られます。

 相手のオフサイドによるエキOF。エキ名物の#3佐野がショートに持ち替え、果敢にゴールを狙います。

 しかし、闘志を燃やした岩手大学も黙っていません。セット未完了の東北DFを抜き、ゴール正面からのショット成功。1点差に詰め寄ります。さらに続けざまに追加点。6-6の同点になります。

 その後は東北岩手、共にクリアライドの攻防を繰り返します。最後の公式戦となる4年生の#4加藤や#1竹岡は最後の力でゴールを狙います。一方勢いづいている相手OFに対しては、#18柳川のボールダウンや#5針生の大胆なクリアにより、守りの手も緩めていません。

激しいぶつかり合いの中、互いに譲らず同点のまま4Q終了です。

<Sudden Victory>

 1点先取した方が勝利、ただならぬ緊張感が漂うサドンデス。

#2佐藤の鮮やかなFOから#3佐野のグラボ。そしてやはりこの男、絶対的エース#45小山が落ち着いた様子で1on1を抜き、そのままゴールネットを揺らしました。

手に汗握る試合を無事勝利で終えることができ、会場には歓声と喜びの涙が流れました。

(文責:長谷川彩乃)

東北大学 学友会男子ラクロス部

東北大学 学友会男子ラクロス部の公式ホームページです。 部員93名

0コメント

  • 1000 / 1000